<< 打ち出しフライパン TARO | main | LITTLE WONDERS ハーブティー >>

棲(すみか)

なごや発の、等身大の暮らし提案誌「棲(すみか)」の取り扱いが始まりました。

 

写真も内容もすごくお洒落。

すぐ近くに、こんな素敵な暮らしがあったんだということを再発見させてくれます。

 

最新号「棲 14号」の特集は「家をつくる、という冒険」。

こだわりの家を手にされた方々の物語が興味深いです。

 

DSC_9329.JPG

 

棲 14号 (972円)

 

兼松 春実、浅野 未紗子 編集

自由空間(2018/4/25)

B5判・68ページ

 

 

特集「家をつくる、という冒険」


子どものころ、ロビンソン・クルーソーや
十五少年漂流記の少年たちが
流れ着いた先で
棲家をつくっていく描写に、わくわくした。


考えてみれば、
離れ小島でなくても、舞台が現代でも
家づくりは冒険なのだ。


たったひとりで立ち向かった
知恵をしぼり、懸命に手を動かした
新しいまちで、新しい暮らしに飛びこんだ
冒険者たちの物語。

 

 

《特集》
・屋根神さまのあるまちに(名古屋市西区)
・結婚式のように、お祭りのように(愛知県半田市)
・旅先でも「心地よい家」に棲む!(クロアチア・ザグレブ)
・選ばれた人の遊び(三重県伊賀市)
・引っ越し雑記 〜旅はつづく、これからも〜 (名古屋市昭和区)
・自由の場所へ(岐阜県瑞浪市)

 

DSC_9336.JPG

 

以下の号は残念ながら完売していますが、その他のバックナンバーもあります。

(創刊号、5号、9号、別冊「吉村順三建築のいま」・・・こちらは完売です。 7/15現在 )

 

ぜひ手に取ってご覧ください。

at 11:34, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -