最近入荷した本

最近、新入荷した本です。

どうぞ手に取ってご覧ください。

 

DSC_9336.JPG

 

◆murmur magazine for men 第3号 (972円)

 

エムエム・ブックス

ソフトカバー / 88ページ

 

今号は、思想家 中島正を特集しています。

みの虫生活のすすめ

不耕の民と都市とは? / 直耕の民と自然世とは? / 独立農民、どうやって? /

編集部がおくる みの虫生活のためのAction Plan11 / 中島正インタビュー /

<コラム>江戸の革命家 安藤昌益と中島正<寄稿>やじー(ミュージシャン、かむあそうトライブス)/

山下惣一(農民作家)/ 倉本聰(脚本家)/ 服部みれい(本誌編集長、文筆家)/ 中島正の本 /

みの虫になるための BOOK LIST など

 

DSC_9519.JPG

 

◆月極本 3 (1,944円)

 

YADOKARI

ソフトカバー / 160ページ

 

今号の特集は「お金」についてです。

・資本主義、終わりのはじまり / 渡邊賢太郎
・ギフトエコロジーのはじめ方 / ソーヤー海
・世界の小さな住宅案内
・スペシャルリポート、森のコミュニティ
・個性派書店が選ぶ、お金を知るための50冊
・お金の祖先 / 赤瀬川原平
・旅とお金 / フォトエッセイ 西山勲
 

DSC_9525.JPG

 

◆野菜 (2,160円)

 

細川 亜衣 / リトル・モア

ソフトカバー / 256ページ

 

旬の野菜50種。

素材を活かしきることを信条とする料理家・細川亜衣さんが、いまもっとも伝えたい野菜料理の数々。

今日から作れるジャンルも多様なレシピで、野菜料理のレパートリーが広がる一冊です。

 

DSC_9535.JPG

 

◆心地よさのありか (1,728円)

 

小川 奈緒 / パイ インターナショナル

ソフトカバー / 160ページ

 

暮らし、仕事、家事、おしゃれ。わたしらしい暮らし、もっとおもしろがってみよう!

迷いの日々も楽しみながら、自分とまわりをゆっくり見つめ直したちいさなエッセイ集です。

 

DSC_9543.JPG

 

◆人と料理 (1,944円)

 

馬場 わかな / アノニマ・スタジオ

ソフトカバー / 144ページ

 

皆が作り、食べるのだ。仕事の人もそうじゃない人も、料理に対して語る言葉を持っている人もいない人も。
日々の営みの美しく力強い瞬間をとらえた、フォトグラファー・馬場わかなさんによる「人」と「料理」のフォト&エッセイ。

 

at 00:38, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

ふたりからひとり 〜ときをためる暮らし それから〜

映画「人生フルーツ」が話題のつばた夫妻の本。

最新刊は、昨年末に発売された「ふたりからひとり 〜ときをためる暮らし それから〜」です。

 

手間ひまかけた暮らしがほんとにお洒落で、素敵で、理想とするところ。

つばた夫妻の本は全部で4種類あります。

 

DSC_8601.JPG

 

◆ふたりからひとり 〜ときをためる暮らし それから〜 (1,944円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 260ページ

つばた英子、つばたしゅういち / 自然食通信社

2016.11

 

2012年発売「ききがたり ときをためる暮らし」の続編。

その後4年あまり、しゅういちさん亡き後の英子さんの暮らしの記録です。

 

DSC_8598.JPG

 

◆ききがたり ときをためる暮らし (1,944円)

 

 

単行本(ソフトカバー)/ 218ページ

つばた英子、つばたしゅういち / 自然食通信社

2012.9

 

高蔵寺ニュータウンで50年間暮らす、つばた夫妻の丁寧な暮らし。

単なる自給自足の話ではなく、大切なことを気づかせてくれます。

 

DSC_8603.JPG

 

◆あしたも、こはるびより。(1,512円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 157ページ

つばた英子、つばたしゅういち / 主婦と生活社

2011.10

 

当時は83才と86才だった、つばた夫妻はじめての本。

ニュータウンでの半自給自足的な生活をおいかけた、老夫婦による暮らしの歳時記です。

 

DSC_8605.JPG

 

◆ひでこさんのたからもの。(1,512円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 157ページ

つばた英子、つばたしゅういち / 主婦と生活社

2015.11

 

「あしたも、こはるびより。」の続編。

次世代に残したい味覚の記憶が綴られています。

 

DSC_8611.JPG

 

当店の本棚はとても小さな本棚ですが、暮らしに関する本を集めています。

もしかすると気になる一冊があるかもしれませんので、ぜひのぞいてみてください。

 

at 00:23, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

ことばのヨーガ

「こころのヨーガ」「じっせん こころのヨーガ」に続く、赤根彰子さんのシリーズ最新刊。

 

「ことば」がテーマの今回は、ヨーガにまつわる、普段使いの言葉から耳なれない言葉まで、

何千年もの間受け継がれてきたサンスクリット語がやさしく解説されています。

 

DSC_7316.JPG

 

DSC_7317.JPG

 

◆ことばのヨーガ (1,404円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 208ページ

赤根彰子 / アノニマ・スタジオ

 

自由に、平和に生きるための84の言葉。

一語一語を味わいながら何度も読み直したくなる一冊です。

手ざわりにこだわったという装丁も魅力。

 

DSC_7312.JPG

 

◆こころのヨーガ (1,296円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 118ページ

赤根彰子 / アノニマ・スタジオ

 

◆じっせん こころのヨーガ (1,296円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 168ページ

赤根彰子 / アノニマ・スタジオ

 

2008年に発売以来、静かなロングセラーであるという前作。

ヨーガ的な精神を、ちょっぴり暮らしの中に取り入れてみませんか?

 

at 23:58, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

雑誌「つるとはな」第4号

マガジンハウスで「Olive」の編集長をつとめ、「Ku:nel」を創刊した岡戸絹枝さんが、

年上の先輩の話を聞く小さな場所として2014年にスタートさせた雑誌「つるとはな」。

 

12/9(金)第4号が発売されました。

 

DSC_6999.JPG

 

◆つるとはな 第4号 (1,404円)

 

株式会社つるとはな 発行

 

・80歳になった今もボランティア活動に情熱を注ぐ、「もみじの家」を設立した喜谷昌代さん。

・シーズン中は毎日登山して今年で12年になるという佐々木茂良さん

・華やかなドレスに身を包みライブハウスで歌い踊る、アラウンド70のジャズボーカル3人組

・元祖仮面ライダーの藤岡弘、さん

・86歳の女性バーテンダー・鈴木喜代子さん

・94歳にして現役の染色家・柚木沙弥郎さん    ・・・・など、その他多数

 

DSC_7001.JPG

 

◆つるとはな 創刊号 (1,404円)

◆つるとはな 第2号 (1,480円)

◆つるとはな 第3号 (1,404円)

 

完売していたバックナンバーも再入荷いたしました。

 

「つるとはな」に登場する人々は、その道を極めてきた方や、ごく普通の生活をされている方などいろいろですが、

皆さん凛とした姿で爽快。生き方のヒントにもなる、なかなか読み応えのある雑誌です。

 

at 08:27, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

入荷本の紹介

ここ最近入荷した本の一部をご紹介します。

どうぞ手に取ってご覧ください。

 

DSC_6434.JPG

 

◆白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わない かんたんレシピ (1,512円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 112ページ

白崎裕子 / マガジンハウス

 

料理家・白崎裕子さんの最新刊。小麦粉や卵、バターを使わず、米粉や片栗粉などを使って作る、

グルテンフリーのおやつのレシピ集です。マフィン、パウンドケーキ、クッキー、蒸しパンなど、

作ってみたくなる焼き菓子&ケーキがいろいろ詰まっています。

 

DSC_6432.JPG

 

◆腸がよろこぶ料理 (1,620円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 136ページ

たなかれいこ / リトル・モア

 

「幸せも健康も腸内に住んでいる細菌たちが握っています。」(本文より)

話題の腸内フローラ(腸内細菌のバランス)を整える、エッセイ的で読みやすい75のレシピ集。

 

 

◆生きるための料理 (1,620円)

 

単行本(ソフトカバー)/ 128ページ

たなかれいこ / リトル・モア

 

「食べもので体をあたためることは、難しいことではありません。季節の野菜を知り、

伝統的製法の調味料を使うだけです。」(本文より)

体をあたためる食材をメインに44品のレシピと、出汁のとり方やご飯の炊き方などが紹介されています。

 

DSC_6442.JPG

 

◆ホーローバットで作る 体にやさしいお菓子 (1,296円)

 

ムック / 88ページ

主婦と生活社 編集

 

DSC_6439.JPG

 

◆野田琺瑯のレシピ (1,620円)

 

単行本 / 97ページ

野田善子 / 文藝春秋

 

琺瑯容器やバットを使った人気のレシピ集も再入荷。

便利でおいしい使いこなし術を、ぜひ参考にしてみてください。

 

at 23:42, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

Spectator vol.37 北山耕平

スペクテイター vol.37「北山耕平」が入荷しました。

 

北山さんは「ワンダーランド」「宝島」「POPEYE」「写楽」「Be-Pal」など、

数々の若者向けサブカルチャー雑誌の文体をつくりあげてきた伝説の編集者。

過去に発表した原稿を中心に、その偉大な仕事を振り返った特集です。

 

DSC_5950.JPG

 

◆Spectator vol.37 北山耕平 (1,028円)

 

180×240mm / 240ページ

エディトリアル・デパートメント発行

 

DSC_5955.JPG

 

◆Spectator vol.35 発酵のひみつ (1,028円)

 

180×240mm / 191ページ

エディトリアル・デパートメント発行

 

当店では一番人気があった特集「発酵のひみつ」も再入荷しました。

 

DSC_5957.JPG

 

「スペクテイター」は、1999年に創刊した年3回刊行されるカルチャーマガジン。

独自の取材力が特徴で、なかなか読み応えのある雑誌です。

 

ぜひ気軽にページをめくってみてください。

 

at 23:28, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

暮らしのアーユルヴェーダ

「インド好きによるインド好きのためのインド情報」を発信されているインド号さんより、

初心者の方でも分かりやすいアーユルヴェーダの本が届きました。

 

アーユルヴェーダは、インドで約5000年前から伝わる健康法。

その知恵を気軽に取り入れられるようにまとめられた一冊です。

 

DSC_4831.JPG

 

◆暮らしのアーユルヴェーダ (1,944円)

 

A5サイズ / 62ページ

田村ゆみ / インド号

 

DSC_4835.JPG
 

アーユルヴェーダに興味はあるけど挫折してしまった方、難しいと感じている方にも

ぜひ読んでみてほしいとのこと。

 

自分の体質のことやオイルマッサージなど、分かりやすく学べます。

 

at 23:45, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

新刊 「秋山佳胤のいいかげん人生術」

マーマーマガジンをはじめとした雑誌や書籍を発刊する出版社

「エムエム・ブックス」さんより新刊が届きました。

 

DSC_4388.JPG

 

DSC_4393.JPG

 

◆秋山佳胤のいいかげん人生術 (1,512円)

 

127×188×19mm / 256ページ

エムエム・ブックス発行

 

「いいかげん」とは「良い加減」。

来るべきあたらしい時代を、より自由に、より調和的に、よりすこやかに

人生を味わいたいすべての方に贈る、新時代のアイデア集です。

マーマーマガジン編集長で作家の、服部みれいとの対談も収録されています。

 

DSC_4395.JPG

 

DSC_4398.JPG

 

◆ささたくや サラダの本 (2,376円)

 

210×256×70mm / 112ページ

エムエム・ブックス発行

 

いっしょに、人気の「サラダの本」も再入荷しました。

ぜひ手に取ってご覧ください。

 

at 23:50, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

入荷本の紹介

ここ最近に入荷した本です。

どうぞ手に取ってご覧ください。

 

DSC_3695.JPG

 

◆地球とつながる暮らしのデザイン (1,944円)

小林光、豊貞佳奈子 / 木楽舎

 

ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」を出版している木楽舎さんの新刊。

本当に世の中を変える環境政策とはなにか?

各分野の専門家50名が考えた、地球と暮らしをもっとつなげるエコライフ論。

 

DSC_3705.JPG

 

◆災害支援手帳 (1,296円)

萩上チキ / 木楽舎

 

様々な支援や、いろんな困ったことを解消するアイデアなど、災害支援の事例を

イラスト満載で紹介。これからの課題は「災害支援の教訓を活かすこと」です。

 

熊本地震の翌日より、本書の PDF版 が無料公開されています。(期間未定)

 

DSC_3700.JPG

 

◆月極本2 (1,944円)

 

場所・時間・お金に縛られない「ニューミニマル」という考え方。

「住」の視点からYADOKARIが発信するリトルプレス「月極本」の第二弾。

今号の特集テーマは「幸せな死に方」です。

小さな雑誌ですが、読み応え十分なおもしろい内容です。

 

at 08:36, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -

写真集「東山絶滅動物園」

今春発売されたフォトブック「東山絶滅動物園」が再入荷。

イケメンゴリラ「シャバーニ」が話題だった東山動植物園にいる、
絶滅危惧種の動物109種を撮影した写真集です。

DSC_3473.JPG

◆東山絶滅動物園 (1,944円)

佐々木シュウジ、武藤健二、絶滅動物園プロジェクト / 三恵社

絶滅動物園プロジェクトは、これからの地球や自然、動物との関わりや
わたしたち人間の振る舞いを考えるプロジェクト。
その取り組みの第一弾となるのが、こちらの写真集です。


DSC_3475.JPG

2年に一度、来園者の投票で決める東山動物園・人気動物ランキングにおいて、
1位のゾウから10位のカバまで10種中8種がじつは絶滅危惧種なのだそう。

DSC_3481.JPG

動物たちの美しい写真と共に、その絶滅に瀕している理由も記述されているので、
子供たちにもぜひ伝えてあげたいところです。
 

at 19:05, CONNETTA(コネッタ),

-, -, - -